選ばれる理由

最高水準のデータセンター

サーバーはすべてNTT西日本笹島ビル内のデーターセンター(IDC)に設置されています。最高のサーバー環境とセキュリティを兼ね備えたデータセンターでの運用により、高い信頼性を確保しています。
震度7を想定した耐震設計ビル(NTT交換機設置と同一条件)、24時間365日の有人監視、無停電電源装置の設置、ガスタービン式自家発電装置の完備、光彩認証による入室セキュリティ管理、ICカードによる入退室管理、二重床システム、個別施錠のラックシステム、万一の際に機器に悪影響を与えない不活性ガス消火システムなど最高水準のデータセンターで安定したサービスを提供いたします。

ネットワーク

バックボーンの接続はBGP4によるネットワーク運用により、特定のISP (インターネットサービスプロバイダ)にぶら下がる接続ではなく、複数の経路を自社ポリシーに従った冗長化されたネットワーク接続を実現しています。また、外部への接続はピークトラフィックの20倍以上の容量を確保し、高速で安定したネットワーク接続を実現しています。

ネットワークセキュリティ

外部ネットワークとの通信はすべてファイヤーウォールを経由。外部からの不審なアクセスをシャットアウトすると共に、必要なポート以外をすべて閉じ、また、各サーバーにおいても不必要なプロセスは稼働させないよう管理することにより高いネットワークセキュリティを実現しています。
また、ウィルススキャンゲートウェイ(Fortinet社製)およびSPAMファイヤーウォールを設置。メールのウィルススキャンやspam(迷惑)メール対策にも対応しております。

充実のサポート

経験豊富なサーバー技術者による迅速的確なサポートで、お客様に信頼され満足していただける万全のサポート体制を得られるよう日々努めています。

サポートは電話でもメールでもお受けしております。電話サポートの受付時間は、日曜・祝祭日を除く午前10時から午後7時まで。(障害時には時間外でも24時間受付の緊急障害受付ダイアルにて障害復旧対応を行います。)メール、FAXでのサポートは、365日24時間受付しております。(電話サポートの受付時間外の受付は、返信に時間がかかる場合がございます)。

サーバー監視体制

自社ネットワークの内部と外部に設置した2台のサーバー監視ホストにより、365日24時間体制でサーバーとネットワークの稼働状況を監視しています。これによりトラブルを未然に防ぎ、リアルタイムで障害をエンジニアに通報し迅速な復旧に役立てています。

信頼の実績

10年の実績!”エクスプレス”のサービス

1996年8月よりアイピーシー中部株式会社(後にエクスプレスコミュニケーションズ(株)に統合合併)として、ISP(インターネットサービスプロバイダ)の立ち上げサービスとISP向けインターネット接続サービス事業を開始。ISPを立ち上げるという業務を通じ、サーバーおよびネットワークシステムの構築と運営のノウハウを早くから積み上げて参りました。

1997年4月にはレンタルサーバーとシステム販売を事業とするエクスプレスコミュニケーションズ株式会社を設立。世界シェアNo.1となったCobalt Networks社製サーバーアプライアンスのCobalt RaQシリーズを日本の業界でいち早く導入してサービスを提供。数多くの運営ノウハウを積み上げて参りました。

現在レンタルサーバーには使いやすさで圧倒的な人気を誇るCobalt RaQシリーズの後継となる『Turbolinux Appliance Server 4(TLAS4)』を導入しております。積み上げた豊富なノウハウに基づく、高信頼サーバーハードウェアに、より使いやすくカスタマイズを施したコントロールパネルとして提供・運用しております。

また2014年以降からはOdin社の『Plesk』も導入し、さらに分かりやすくつかいやすいコントロールパネルがご利用いただけます。

弊社は、お客様に安心してサービスをご利用いただくことを第一に考え、長年培った知識と確かな技術力により、これからもより安全で快適なネットワーク環境をご提供することに努めてまいります。